離婚 子供

子供の幸せを考える

離婚か継続かの選択を迫られる時は、自分はどうしたいのかと同時に子供にとってはどうすることが一番幸せになるかをしっかりと考える必要があります。浮気をされたからと頭に血が上ってすぐ別れても、後で暮らしが成り立たず後悔することもままあります。

相手の欠点や許せない気持ちが大きくなると、それから逃れるために相手の言うままに離婚してしまう。そのときはすっきりしても、自分や子供のことをしっかり考えておかないとあとで後悔することになります。

離婚したい原因は、
1.浮気
2.家庭内暴力
3.性格の不一致
などが大きな理由になっています。

ですから、いい人なんだけど物足りないとか、第3者から見て愚痴になるような理由であれば、子供のために我慢するのがベストと思います。気持ちの持ちようで関係が修復出来る場合は、子供が成人するまでは大丈夫でしょう。

しかし、家庭内暴力や浮気、価値観が大きくずれていると努力だけでは解決できません。周りは、世間体が悪いとか私が我慢すれば済むことなどと結婚生活の継続を前提にアドバイスをしてくれますが、それではますます精神的に参ってしまい、気がつくと着の身着のままで別れるという最悪の結果になります。

それではどうしたらいいのでしょう。

まず弁護士に相談することから始めましょう

離婚する原因が相手にあることがはっきりしているのでしたら、離婚するための味方を見つけましょう。特に子供の将来まで考えて法律で解決しておかないとあとで公開することになります。そのためには弁護士に相談することからはじめると安心です。

子供については
1.親権者は誰にするか
2.養育費をどうするか
3.別れた後の面接の機会をどうするのか

などを取り決めておかなければなりません。
ですから法律の専門家を味方につけると自分でくよくよする必要もありませんし、離婚成立までの間、あなたに有利になる助言をしてくれます。またあなたに離婚する正当な事由があるときは、慰謝料も請求してくれます。

絶対別れたいと決意を固めたら弁護士に依頼するのが新しい生活を始める近道になります。弁護士の知り合いはいないとか離婚専門の弁護士でないと、あるいは女性の弁護士に依頼したいと思う方が多いと思います。そんな方にはこちらのシステムがおすすめです。

いつまでも悩んでいるなら、決断しましょう。
弁護士のご案内はこちらから。

 

サイトマップ

株取引がしてみたい